アートと額縁の選び方

by staffbob

お気に入りのポスターやアートを飾ってみても、なんだかしっくりこない?

その原因はフレーム選びにあるのかもしれません。お部屋の雰囲気に合っていないのかもなんて思わなくても大丈夫。

どんなポスターやアートも、フレームが飾りたい場所にマッチすれば、溶け込むかのように馴染んでくれます。

今回はポスターフレームの選び方を中心にお届けします。

フレームとは?

フレームとは、ポスターやアート、書を入れて飾る為の枠。シンプルなものからデコラティブなもの、素材は木枠やアルミなど種類は様々で、同じアートでも額装によって印象は大きく異なります。

飾りたいアートがある場合は、まずはその大きさを確認しましょう。

額縁のサイズは額縁の外寸ではなく、実際にアートを入れる内側を測った寸法=内寸が表記されます。

A4サイズのアートをぴったり納めたい場合、A4サイズと表記された額縁を選択しましょう

 


 

フレームの構造

フレームは、額縁、アクリル板(またはガラス)額装マット、厚紙、裏板から成り立っています。

・額縁…木製・金属製、カラフルなラッカー塗装・金、銀箔などがあります。

 

・アクリル板…アクリル板とガラスがあり、ポスターや絵のたわみを抑えます。

 

・額装マット…額装マットは、作品の余白を調整したり見せ方を演出したりするもの。幅を広くすると高級感があり、小さくすると絵に立体感が生まれます。

 

・厚紙…ポスターの薄さによって厚みを変え、フレーム内で絵がたわまないよう調整する役割があります。

 

・裏板木製・コルクなど。スタンドタイプや壁に取り付けるタイプなどがあります。

 

額縁選びはインテリアに合わせる

素敵なポスターなのに、お部屋にどうも合わないそんな飾りたいのに飾りにくい絵は、フレームの「色選び」で解決します。

ポスターに合わせてフレームの色を選びがちですが、実は飾りたい場所に合わせて色を選ぶほうがなじみやすいんです。

なんだかしっくりこないと感じたら、まずはフレームの色をチェックしてみてください。

セカイクラスでは額縁の他にも、インテリアについてのご相談にも対応できますので、ご気軽にお問い合わせ下さい。


▼Shop information
sekai class
大和
OPEN
11:00 – 19:00
TEL
0462044502
住所:神奈川県大和市渋谷1-2-1
email
info@sekai-class.com

▼Shop information
sekai class
下北沢
OPEN
11:00 – 19:00
TEL
0364070707
住所:東京都世田谷区北沢3-19-20 reload 1-12
email
store_01@sekai-class.com