Skip to main content

無骨なColeman GIランタン

無骨なColeman GIランタン

【GIランタンとは】

1943年~1945年の間、米国陸軍からの要請で「Quartermaster Corps(アメリカ陸軍需品科)」の指揮のもと 「Coleman」「AKRON」「AGM」そして「ALADIN」の4社で共同開発されます。

「ALADIN」のバーナー&エアチューブの製造には「DeltaElectric Co, 」社と「SERVEL INC,」の電気製品メーカーである2社も携わったようです。

「ALADIN」の刻印が入ったバーナー&エアチューブには「DeltaElectric Co,」もしくは「SERVEL INC,」どちらかの社名も刻まれています。



こちらのコンバージョンキッドをColeman220系などはGIモデルにコンバート出来るようですね。

1944年モデルの初期にはパーツやマントルを収納するコンパートメントはありませんでしたが、途中から装備されるようです。コンパートメントには、マントル6枚、プリッカー、ポンプレザー、バルブステム用グラファイトパッキンが収納されていたようですね。GIランタンの特徴とも言えますね。





GIランタンは基本的にロウプレッシャーでの使用となります。ポンピングは25回くらいまでで十分のようです。※個体差はあります。
ホワイトガソリンの他に無鉛ガソリン(自動車用のレギュラーガソリン)も使用可能みたいです!!

分解洗浄をしてパーツ交換を経て、やっと点灯。。。
音がすごいです!!ゴーーーというなんとも力強い音と共に、本当に1マントル⁉︎というほどの光量です。



無骨な雰囲気が素敵ですね。無骨キャンパーの方々どうでしょうか!!(もちろん、無骨キャンパー出ない方でもぜひ♪)

>>>> ご購入はコチラ <<<<
 
 
またご不明点ありましたらお気軽にメール、電話にてご連絡ください。
 
▼Shop information
sekai class
OPEN:12:00 – 20:00
TEL:0358096105
住所:東京都大田区京浜島2丁目4−1



続きを読む>>

【 STAFF WANTED! 】

【 STAFF WANTED! 】

DIYで使える唯一無、セカイクラスのヴィンテージアイテム

DIYで使える唯一無、セカイクラスのヴィンテージアイテム

“Zangra”日本には無いシンプルかつ美しいデザイン

“Zangra”日本には無いシンプルかつ美しいデザイン