宮創製陶所

0 products

    宮創製陶所は、1914年(大正3年)に創業した窯元で、百年以上にわたり日々置物の生産を続けています。

    先代たちが残してくれた型押し(おこし型)、鋳込み(鋳込み型)による成形の技術があり、その両型と小松市の八幡にある『花坂原石山』から取れた陶石(花坂陶石)で作られた粘土を使用し素地づくりを行なっています。

    艶のないざらざらした(マットな)質感に仕上がるオリジナル釉薬で、現代のインテリアやライフスタイルに九谷の伝統を最適化させることをコンセプトに、これまでの九谷焼には存在しないカラーを展開。

    0 products

    申し訳ございませんが、現在商品はございません。

    最近チェックした商品