KICHI

自然を創造する

なんの隔たりもない大自然
そこが自分だけの“基地”になる

 

壁や垣根に仕切られた空間の外側にも豊かで、そして美しい居場所を創る。

 

“KICHI”は、デザインの力で世の中の暮らしを豊かにするプロジェクト“セカイクラス”が、中と外という隔たりを超えた暮らしを提案する

アウトドアライフブランドです。

 

第1弾 Fire pit - 焚火台 -

町工場と共同開発し日本のデザインとものづくりの情熱を込め作り上げた、他の焚火台とは一線を画すミニマルで美しいデザインの焚火台。

 

炎が上がることで無機質なデザインが自然の風景に溶け込んでいき、オンリーワンのキャンプシーンを生み出します。

>>>>ご購入はこちら!!<<<<
 

 

DESIGN DETAIL

細部のディティールまで拘りぬいたデザインは、見た目の美しさだけでなく薪をしっかりと燃え上がらせる為に計算された構造になっています。炎が上がることでより美しさを増し、絵になる焚き火シーンを演出します。

 

煩雑な印象になる接合部を内側にすることでエッジをシャープに見せつつ、接合強度の安定感も高めた構造になっています。

素材特性、加工方法から逆算し導き出された無駄のないデザイン。

必要機能も最低限のパーツと構造で機能美としてデザイン落とし込んでいます。

 

 オールステンレス仕様 ー SUS304 ー

強度や温度変化、耐食性にも優れたオーステナイト系ステンレス“SUS304”を全パーツに使用。

 

高い燃焼効率

下部スリット含む複数の吸気孔から空気を取り込むことで高い燃焼効率を実現しました。 

逆さピラミッド形の形状により薪同士やロストルとの間に空間を生み、常に空気を取り込め安定した炎があがる構造になっています。

スリットの位置も少し高めにしてあるので、ロストルから落ちた灰が吸気孔を塞いで不完全燃焼を起こすこともありません。

 

汎用性と調理性能

大きな開口部と専用ごとくにより市販のさまざまなサイズ・形状の網や鉄板、ロストルを使用することが出ます。

ダッチオーブンなどの重量のある調理器具にも対応し、グループ・ファミリーキャンプでも活躍します。

 

本格的な調理にも対応できるので、ワンランク上のキャンプ飯も楽しめます。

 

安定構造

凹凸のある地面での使用を考慮し、スタンドには三脚構造を採用。

華奢に見えるワイヤースタンドですが、30kgの重量でもしっかり支える耐荷重強度があり、大ぶりの薪でも安定して組むことができます。

 

組立後は接続部分がしっかりかみ合い、持ち上げてもばらける事なく形状を保つので、位置の移動や後片付けも問題なく行えます。

炭の処理も1ヵ所風防を外せばそのままチャコール缶などに流し入れることができます。

(※必ず防炎グローブを着用して、焚火台が冷めてから行ってください。)

 


シンプル&コンパクト設計

平面パーツで構成されているため収納時厚み2cm・重量2kg以下というコンパクト・軽量サイズなので荷物の隙間に入れ込むことが出来ます。

焼き網と一緒に専用ケースに入れて持ち運べて、ミニマルなソロキャンプにも最適な携帯性を実現しています。

同じ形状のパーツ3つずつ組み上げていくシンプルな構造なので、組立・分解が簡単且つ短時間で行えます。

 

 

 製品名称:KICHI fire pit

 デザイン:ANYNAL INC.

 製  造:佐藤工業株式会社

 素  材:ステンレス(SUS304)

 サ  イ  ズ:組立時 W355×D410×H330mm

      収納時 W320×D280×H20mm(ケース含まず)

 重  量:1.9kg

 耐  荷  重:30kg

 内  容:フレームプレート ×3 / スタンドレッグ ×3 / ロストル ×1

      風防プレート ×3 / 専用ごとく ×1 / 専用ケース ×1

 

専用ケース付

 

分解した焚火台を収納する専用ケース付き。

 

MANUFACTURER

佐藤工業株式会社

確かな板金・溶接の加工技術をベースに構造設計・加工を受託する他、自社製品である業務用除水機「ドライエートスリー」を開発しその製造販売も行う。
 
ものづくりの街である大田区の優秀工場にも認定され、真摯にものづくりへ向き合いながらも、新たな領域へのチャレンジも続けている。

 

>>>>ご購入はこちら!!<<<<